レンタカーを格安で借りるコツを紹介します

レンタカーの需要の高まりによってレンタカー会社も多くなり、その結果レンタカーの価格が格安になっている傾向にあります。12時間レンタルして2,500円から3,000円ほどの基本料金を設定している会社もあります。全国規模で展開している大手レンタカー会社よりも、半額程の価格で提供している会社もあるのでとてもお得です。レンタカーを格安で借りるにはちょっとしたコツがあります。まず時期が大切です。大型連休や土日祝日、さらに行楽シーズンといったレンタカーの需要が高いときは、レンタカーの価格も高くなります。そのためそのような繁忙期を避けて、閑散期に借りることでレンタカーを格安で借りることができるのです。またインターネットにはレンタカーの価格を比較しているサイトもあります。その中には、不定期で格安プランを売り出すこともあるので、よりお得にレンタカーを借りることができます。

どうしてレンタカーは格安になっているのか

レンタカーの金額はお店によって幅があります。車種やグレードによって違いがあるのは分かりますが、なぜこんなにも差があるのでしょう。その理由の一つには、借りる場所があります。ガソリンスタンドや整備工場で借りるときは、フランチャイズ契約をしてレンタカー営業を副業としているため、コストを抑えられることができます。また洗車や整備も自社工場で行うことができ、年季の入った中古車をレンタカーとして貸出することもできるため、さらにコストを抑えることができるのです。次に契約内容をよく見てみると分かりますが、基本料金は基本的に格安に設定されています。カーナビや免責補償などのオプションは別料金になっていることが多く、レンタカー会社によって金額に幅があります。最低限の補償は付けた方がよいですが、短時間で短距離の使用の場合や、道に詳しい人なら、オプションのない基本クラスのレンタカーでも十分に満足できます。

レンタカーを格安で借りるには情報収集が大切

激安で提供されているレンタカーのほとんどは、カーナビやETCなどのオプションがほとんどついていない車両となります。中には補償も全くついていないものもあるので、契約をする前にはきちんと確認をする必要があります。車両本体は格安でも、オプションをあれもこれもつけていったら、それなりの金額になったというケースも多くあります。そんな時は、大手レンタカー会社などで会員向けに行っているキャンペーンを活用しましょう。基本的にレンタカー会社の会員になると少し金額の安い会員価格で借りることができますが、それ以外にもキャンペーンで、ガソリン満タン返し不要などのメリットつきで借りることができるときもあるのです。また大手旅行サイトでも予約時に格安で借りることができます。これらの情報は会員向けのメールマガジンなどで入手することができるので、細目にチェックしましょう。