格安でレンタカーを借りるための成功例

車社会となって、長きに渡りますが、個人で車を持つだけでなく、車をシェアして、レンタルをする場合も、片道だけのレンタカーなど色々な使い方があります。そんな中で格安のレンタカーもあります。需要と供給のバランスによってレンタカーも価格が違ってきてから普段格安であっても、年末年始やゴールデンウイークなどはやはり、それなりの金額になってしまうことは念頭に入れておくべきです。その上でレンタカーを格安で借りる方法のひとつに、交通機関や旅行代理店などで、電車とレンタカー、宿とレンタカーなど合わせて借りることです。特に地方へ旅行に行かれる時などは、このような方法を取ることで、安くレンタカーを借りることができます。またクーポンや会員券などを利用して割引をしてもらうことも可能になります。

レンタカーは大手よりも格安に借りられるところがある

レンタカーといえば、大手自動車メーカーの名を冠したレンタカーのお店を思い浮かべる方も多いと思います。また大手バス会社、カード会社、鉄道会社などが出資したお店もあります。これらは車を借りてもらう事で、大いに母体にもメリットがあるわけですが、宣伝も兼ねているため新車を貸してくれることが多いです。そんな中で、比較的新しい業態として、格安レンタカーと呼ばれている物です。こちらはガソリンスタンドや自動車整備工場などが中古車を仕入れて営業をしています。中古車を仕入れることで、車両導入のコストが下がり、格安で貸すことができるということです。また例えばガソリンスタンドでのレンタルですと、ガソリンを入れて返す時も、車を借りたガソリンスタンドで満タンにして返却する決まりがあります。こうすることで、ガソリンスタンドも、儲けがでるという仕組みになっています。

格安で借りられるレンタカーの心配な点

旅行でレンタカーを借りる時、それが長距離だった場合は中古のレンタカーよりも、より新しいレンタカーを借りる方が、安心できます。しかしそれが短距離の普段使いだった場合は、中古でも大きく問題にはならないと思います。それは中古でも車内は丁寧に掃除されていますし、車検には通っている車ですから、一定の安全は確保されています。また中古ですからカーナビなどのオプションがついていない場合もあります。ですからナビが必要な距離の旅行よりもナビがあまりいらない近場の利用の方が良いです。格安のレンタカーは店舗によって車種や対応が大きく違うことがあります。これはフランチャイズ制度を取っているためです。ファーストフードのお店でも、店舗によって対応が大きく違うことがあることと同じです。オプションを付けたり、色々な不安を取り除き、かつできれば安く借りたい場合は、やはり比較サイトで探すことも良いでしょう。