格安でレンタカーを借りる際の注意点をお伝えします

最近格安のレンタカーが増えてきています。大手のレンタカー会社の半値程度で借りられる野で、非常に魅力的です。しかしなぜ安いのか、注意すべき天はあるのか気になるところです。格安レンタカーが安い理由は、レンタカー会社が運営しているわけではなく、ガソリンスタンドなどで副業として営業しており、フランチャイズを活用しています。もちろん、車両も新車ではなく、中古車で、整備や洗車を自社のガソリンスタンドで行えますから、コストが削減できるのです。さらに、基本料金は安い設定ですが、カーナビや面積保証のオプションは別途請求になりますので、一概に格安とも言いがたい部分があります。そういった部分を理解した上で、利用するのであれば、車両の質を気にせず、長距離に利用しないようにして、カーナビを付けないことにするなど注意が必要です。

格安のレンタカーを使用するコツ

格安のレンタカーを利用する時に、よく聞くトラブルは車体に傷か付いたなどと身に覚えのないことをいわれることです。そういったトラブルを裂けるために、車体の傷の確認を入念に行い、細かい傷も全て傷チェック書類に記録しましょう。そして必ず自分のカメラで写真を撮っておくことが大切です。また最終の給油を指定の給油所でとされる場合がほとんどで、業者はそこでの利益を得ていますから、高めに設定されていることがあります。そのため、指定の給油所に行く前に安いガソリンスタンドで給油を済ませておくことで、節約に繋がります。そして返却時間には細心の注意を払いましょう。大手の場合は10分、15分程度の遅れは問題ありませんが、格安業者だと延長料金を請求されることがあります。せっかくなら料金表を確認して同一価格を確認し、時間目一杯借りておくとよいでしょう。

格安でレンタカーを利用する方法

レンタカーは、実はシーズンによって値段が違う場合があります。人々が出かける土日祝やゴールデンウィークお盆に年末などは非常に混み合い、値段も上がります。その時期を外すことで、安く借りることができるのです。次に比較サイトなどに格安のプランが出たりすることがあります。他にも旅行会社や交通機関のパックで安く借りられるプランが存在します。そういったプランがないか色々チェックしてみましょう。またレンタカー会社は会員制度を取っており、入会すると1割や2割ほど安くなることがあります。そして最後に最近進出している激安レンタカーを使用してみることです。こちらは色々な点に注意しておけば、大手の半額ほどの値段で借りることができます。以上の方法を試して、ぜひレンタカーを借りる際にはなるべく安く済むようにしてみましょう。